食べメモ

タグ:多国籍 ( 7 ) タグの人気記事

ノルブネ @大門/浜松町

なんだか最近よく見かけるような気がするノルブネ。 ⇒HP

店員さんはネイティブな方々で、店員さん同士の会話は韓国語(多分)。
入り口に「本日のランチ:鶏プルコギ」のサンプルが飾ってあるのを見て
入店したのですが「オワリマシタ」とあっさり。がっかりです。
終わったならサンプルは片付けておいてくださいな。

プルコギといえば牛で作るもの。と思い込んでいたので
鶏バージョンもあるんですね。食べてみたかったです。

で、今日は石焼ユッケピビンパ 850円に。

まずはサラダとカクテキ。
ここのキムチは日によって当たり外れが大きいですが今日のキムチは
しっかり漬かっていて大根の甘みも感じられて美味しかったです。
d0088006_1958585.jpg

ピビンパ登場。
少し火からおろすのが早かったようで、オコゲが作れず。
しっかり目に火が通った、少しカリカリ感のある方が好きなんですが
なんとなくしっとりとした食感になってしまい不満〜。
d0088006_19581814.jpg

味付けがほとんどされておらず、テーブルのコチュジャンを 大量投入。
他の方々も同様だったので今日は全体的に薄味だった様子です。

ん〜?以前来た時は普通に美味しかったような気が。
今日のもマズいって訳ではなかったんですけどね。





[PR] ロシア
[PR]
by tomonekoB | 2007-05-17 20:09 |  - 港区

ハンニバル ドゥ @原宿

今年の夏休みはチュニジアへ行くことにしました。
チュニジア料理ってどんなもの?ということでチュニジア料理を
予習しに ハンニバル ドゥへ。 ⇒HP

お店の外観にはチュニジアンブルーの電飾。
地下の店内に繋がる白い階段にはチュニジアンブルーの壷や
名産(?)の鳥かごが並べられています。
妖しいブルーの光。
d0088006_1713279.jpg

白とチュニジアンブルーで統一された店内。
席の間隔は広く取られていてゆったりした感じ。
d0088006_17175241.jpg

d0088006_17225263.jpg

とりあえずチュニジア唯一のビールでスタート。
d0088006_17371976.jpg

コースがいろいろとアラカルトもあり。
初めてだし一通り「チュニジア料理ってこんなもん」というのが知りたい。
という時にはチュニジアンクラシックスペシャルコース5000円が
オススメだそうです。 じゃあそれで。

まずはパンとメシュイサラダ。ちょいワル顔。
いろんなお野菜をみじん切りにしてオリーブオイルであえたペースト状の
サラダです。 あ、なんか中東な感じ。
左上に写っているハリッサはちょっと辛いペースト。
日本の味噌みたいなものだそうで、お料理に入れたりパンに塗ったり。
d0088006_1742373.jpg

ブリック。
卵とツナを包んで揚げたもので、この揚げ春巻きっぽい中に
半熟で黄身がトロットロの卵が丸ごと1個入ってます。
「黄身がトロトロで出てきちゃうので手に持って食べてください」
素直に手で持つ・・・が、あっつ!熱いです。
ガイドブックには「黄身を壊さずに食べるのがエレガント」と
書いてありましたが、丸呑みするの?

上からお塩を振っているらしく、皮だけかじるとしょっぱい部分もあり
中だけ食べると塩味が欲しい部分もあり。
d0088006_17512817.jpg

ショルバ 。
お魚のすり身が入ったスープ。トマトベースで優しいお味。
小さなパスタのようなものが入っていて甘くないタピオカみたいな食感。
d0088006_17554521.jpg

タジン。オムレツです。
d0088006_17575388.jpg

クスクス。私は子羊をチョイス。同行者はチキン。
シチューを少量かけていただきます。
d0088006_2136297.jpg

見た目はそれほど量が多いように感じませんでしたが
クスクスがソースを吸って膨れます。そして大量の豆。
どんどんお腹いっぱいになっていきます。くっ苦しい・・・。
こちらのお店のクスクスは超小粒。初めての方でも食べやすいように
このサイズのものを選んでいるそうです。
d0088006_1813437.jpg

最後はクレープ、ムース、りんごのコンポート。
d0088006_21134033.jpg

と、アロマコーヒー。
d0088006_211419.jpg

食べ終わる頃には満腹。
とても食べやすくて美味しかったのですが、特に日本人向けに
アレンジしていないということでした。
塩分が少し強めなのは暑い国だからでしょうか。
ほとんど飲んでいないので二人で12000円くらい。

この日はチュニジア人のオーナーさんは里帰り中とのこと。
大変静かでしたが、奥様曰く「オーナーがいるとすんごく
賑やかになるんですよ」とのこと。

この日は空いていたこともあり、オーナーの奥様に
「夏にチュニジアに行くんです〜」とお話したら色々と教えてもらえました。
webで調べてもなかなか情報が集まらなかったので
現地を知る方からお話が聞けてラッキー。

また行きたいお店です。




[PR] 投資信託
[PR]
by tomonekoB | 2007-05-16 21:43 |  - エスニック

JUJU @大門

大門駅のランドマーク的存在、秋田屋のすぐ近くにあるお店、ジュジュ。
ほそっこい階段を上がったところにあります。
3Fは無煙焼き肉、2Fはお好み焼き/もんじゃ という看板が出ていますが
ランチ時には焼き肉も粉モノも置いてません。

お昼のメニューはビビンパ、冷麺、生姜焼き、プルコギなんかの韓国系メニュー。
ちょっと冷える日についつい食べたくなるのがカルビクッパ 730円也。
で、この日もそれをお願いしました。

まずはキムチと小皿が一品。今日はチャプチェ。
チャプチェ大好きなんで嬉しい。
このお店のキムチは結構味にバラツキがあり、この日のは若干漬かりが甘かった。
もうちょっとしっかり漬かったやつの方が好きだなぁ。
d0088006_0444847.jpg

カルビクッパ。
この日のは、椎茸がいつもの倍くらいの厚さで結構主張。
ご飯は一緒に火にかけたというより、冷やご飯にスープをかけたような感じ。
かなり量があります。以前、一緒に行った人は
「食べても食べても減らない。っつか増えてる。」と半悲鳴。
このくらいの量なら私はペロッと食べますけどね。野菜もいっぱいだし。
カルビは一口大より少し大きめサイズで入っていて、柔らかくて美味しいです。
d0088006_0451083.jpg

カルビうどんの方には、超半熟卵が入ってます。
できればクッパの方も溶き卵にせずに丸ごと入れてほしい。。。

このお店は本当にふつーのお店ですが、なんか安心する味です。
比較的安めだし。ちなみに一番安いのはビビンパ530円。





[PR] インテリア 雑貨
[PR]
by tomonekoB | 2007-04-06 23:59 |  - 港区

イスタンブール @新宿

久々にトルコ料理が食べたくなったので行ってきました。

デジカメを持って行き忘れたので携帯カメラで撮影。
携帯カメラだと撮るたびにチャリラーン♪と音がするので
気兼ねなくバンバン撮れないのがねぇ・・・。

飲み物はアイラン。
ヨーグルトドリンクですが、ちょっと塩味。
日本の飲むヨーグルトとは別物です。私は結構好きです。
奥に写っているのはローズヒップティー。
d0088006_0471358.jpg

本日のスープが豆のスープなら飲みたかったんですが今日はキノコ。
ちょっと気分じゃなかったのでパスし、まずはチョパンサラダ。
キュウリ、トマト、ピーマン、オリーブが入ったさっぱりとしたサラダです。
d0088006_0275745.jpg

メゼ(前菜)。ディップの4種盛り。
上の写真の左上に写っているトルコのパン、エキメキに付けていただきます。
あれ?焼きたてエキメキってもっと美味しいはずなのになぁ。
でもこのメゼ自体は美味しかった。
d0088006_0291959.jpg

シガラ・ボレイ。
白チーズ入りの春巻き。
トマトケチャップがついてましたが・・・なんか違うような。
d0088006_0344087.jpg

ドマテス・ドルマ。ドマテスはトマトのこと。
トマトの中に、冷たいピラフが入っています。
このピラフを食べると、トルコ料理では「お米=野菜」なんだということが
よくわかります。美味しい。サッパリ。
d0088006_0394551.jpg

ギュヴェッチ。
海老とトマトのシチュー。取り分けようとするとチーズがトローン。
中には大きめにカットされたニンニクがポロポロと入ってます。
匂いを気にしつつ少し食べちゃいましたが大丈夫そう。
結構長い間、煮込んでるのかな。
味付けは濃いめで、これをつけて食べるためにエキメキを追加注文。
d0088006_0383540.jpg

本当はラフマージュンかピデも食べたかったけど、もうお腹いっぱい。
デザートのストゥラチ。ライスプティングです。
d0088006_0465216.jpg

そしてドンドルマ。
少し前に流行したのびるアイスです。
以前はプレーンと辛口の2種類があったようですが、今はプレーンのみ。
デザートなのに辛口て。試してみたかったなぁ。
d0088006_047223.jpg

チャイはサービスしてもらえました。
10%引きのクーポンを使用して、7000円くらい。
アルコールを飲まなかったので安く上がりました。

このお店、人気店のようで店内は結構いっぱい。
歓送迎会風の団体様もいらして、盛り上がってました。

ただ、日本語のわかるサービスの方が1人しかいないようで、
何かお願いしたい時に掴まえるのが結構大変。
ニコニコと対応してくれるんですけどね。

お味はまずまず。悪くないけど、でも世界三大料理の1つですっ!と
胸を張るには少しパンチ不足かなぁ。
以前行った青山のハレムの方が味は良かったかも。
でもあそこはオシャレトルコ料理屋なので高いんだなぁ。
今回予約が取れなかった他のお店にも挑戦要ですね。

あー。。。トルコに行きたくなってきた。

イスタンブール  お店HP
[PR]
by tomonekoB | 2007-04-05 23:55 |  - エスニック

荒井商店 @新橋

荒井商店。と聞いて飲食店だと思う人はあまりいないと思います。
私も金物屋さんをイメージ。
が、ここは新橋のペルー料理のお店。

ペルー料理と聞いて一見さんが入りにくい不思議ワールドを
想像していましたが、予想に反して入りにくさはゼロ。
お店の外から中の様子を伺っているお客さんには
中からドアを開けて「良かったらどうぞ」とさわやかな誘導も。
d0088006_20441714.jpg


ランチは2択。
来たからには当然「ペルー風」を!とAを。
ペルー料理店であるからにはBも当然ペルー風。と気付いたのは食後。
d0088006_20552859.jpg


まずサラダ。クリームチーズと玉ねぎドレッシングがオン。
d0088006_20442950.jpg

カレー。鶏肉がワシワシ入ってます。
そしてカレーの中には大きいジャガイモの輪切りが潜んでいます。
d0088006_20444178.jpg

お皿から漂うスパイスの香り。
アジアの街中でよく出くわすんだけど、これってカレースパイスの
香りだったんだ・・・と変なところで納得。

カレー自体はとてもマイルド。というか、辛みはほぼゼロでした。
すりリンゴに見えるペルーの唐辛子をおろしたもので各自辛さを調節。
コクがある、というよりサラッとしているという感じ。
インディカ米とよく合いますね。

冷蔵庫の上に置いてあった「紫とうもろこしのジュース」とか
「インカコーラ」のポップ。すんごい気になります。

ペルー料理ってこんなもの。というイメージは
まったく掴めませんでしたが、ランチ一回では当然ですね。
ペルーらしさに触れるためにはやはり夜か。

創作料理・レストラン 荒井商店
住所:東京都港区新橋5丁目32ー4
電話:03(3432)0368
JR新橋駅より徒歩7分くらい






[PR] Tokyo apartment
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-27 21:47 |  - 港区

アンコールワット @代々木

以前、職場が近かった頃は週イチペースでランチに通っていたお店です。

雄叫びをあげる象がお出迎え。
d0088006_22352124.jpg


ここはサービスを期待してはいけないお店です。

食事よりデザートが先に運ばれてきたり、
食べ終わる前に皿を片付けられそうになったり、
混んでる夜には、単品を頼もうとしてもコースを何度も勧められたり
ある程度食べると「次のお客さん待ってるから」と立ち退きを迫られたり、
飲食業にサービスを求めてしまうと、色んなプチびっくりが起こります。
夜には会計時の計算ミスもかなりの頻度で起こるとか・・・。

でもここはそういう店。と割り切ることが肝心。
何度となくプチびっくりさせられてますが、機会があるごとについつい再訪。


基本のランチセットはAセットからGセットの7種類。
お店側のイチオシはGセットで、席に着くなりGセットを勧められます。

Gセット 1000円
 ・クティウ (フォーだと思ってください)
 ・炒飯 (ほのかに甘みあり)
 ・海老生春巻き
 ・胡麻団子

生春巻き用のスイートチリソースが若干微妙な味ですが
それ以外は美味しいし、お腹いっぱいになるので
勧められずとも8割程度の確率でGセットを頼むことが多いです。

が、今回はどうしてもカレーが食べたくてAセット1200円。
 ・クティウ
 ・チキンカレーとご飯
 ・鶏の辛味サラダ
 ・ココナッツアイス または カボチャプリン を選択
 ・メニューには書いてないけど胡麻団子1個サービス
d0088006_22355478.jpg

クティウはフォーと同じくお米の麺。
あっさり味のスープに海老、干しえび、イカ、鶏の細切り、鶏そぼろ、お漬け物っぽい食感の何か、ネギ、モヤシ、と魚肉菜入り交じった具が盛りだくさん。

チキンカレーは、鶏肉と茄子と、サツマイモが入ってます。
このサツマイモの甘みが許せない人もいるかもしれませんが、私にはツボ。
今回も美味しく戴きました。

鶏の辛味サラダはさっぱりとした辛さ。
目にも鮮やかな唐辛子がたくさんが乗ってますが、辛いもの初級の私でも美味しくいただけます。ちょっと舌がピリピリしますけど。

デザートはアイスを選択。
ここのカボチャのプリンは丸ごとのカボチャの中身をくり抜き
そこにプリン生地を流し込んで蒸したもの。

ただ、これはカボチャ本体の甘さによってアタリ外れがあります。
あんまり甘みのないカボチャだと、デザートなのにお惣菜のように
感じられることもあり。
最初に食べた時は「うまっ!」と思ったんですが2回目以降はイマイチ・・・。

カンボジア料理ってここでしか食べたことがないですが
日本人の口に合うようにアレンジされてるのかもしれません。

雄叫びを上げる象、近影。
d0088006_2236959.jpg



この後、春の日差しが気持ち良かったので明治神宮へお散歩。

参道で新人研修中のバスガイドさんたちと遭遇。
d0088006_1985135.jpg

境内では結婚式。
d0088006_199649.jpg


皆さん新しい門出の春ですね。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-22 23:05 |  - そのた都内

無限@軽井沢

先日、2泊3日で軽井沢に行ってきました。
9月中旬の軽井沢は予想してたより格段に寒く、到着早々「さっむー!」と絶叫。
高原をナメちゃいかんですね。
サンダル履きだったんですが足がかじかみました。

さて、無限。

オーナーさんのお宅でしょうか。外観は「民家」です。
なんか親戚の家に遊びに来たみたいで「お邪魔しまーす」とか言いそうになる雰囲気。

行く2週間ほど前に2名での予約をお願いしたところ
「カウンターしか空いてないんですが良いですか?」と。
人気なんですね〜。

でも厨房の中が少し見えたし、カウンターでむしろ正解でした。

メニューは店内の大きな黒板にズラッと書いてあります。
う。迷う。なんかどれもこれも美味しそうなんですけど。

お店の人にお勧めを聞きつつ、2名分とは思えないくらいの量をオーダー。
後ろのテーブル席3名様の伝票と同じくらいのリストになってました。

まずはスープ。私は冬瓜とベーコンのスープ、同行者はコーンポタージュを頼んだんですが、このポタージュが悶絶するくらい美味しかった!

その後、サラダにほんのちょーっと乗ってたコーンも激ウマでした。
あのトウモロコシはどこで仕入れてるんだろう・・・。聞けば良かった。


d0088006_21213841.jpg

これはお店の人のお勧め、叩きエビの春巻き。
うーん。ちょっとしょっぱい???


d0088006_21283339.jpg

アボカドとカマンベールに鰹節がたくさん。半分取り分け後の姿です。
これはもーちょっとお醤油が欲しかったかも。
でもこの頃にはお店もいっぱいになってきて、シェフもフロアの方も忙しそうで
なんとなく言い出せない雰囲気。


d0088006_21311154.jpg

エリンギのガーリック炒め。
出てくる前から厨房からガーリックの良い香りが漂ってきましたが、肉厚でかなりのウマー!でした。同行者は「こんな美味しいエリンギは食べたことがない!」と興奮。

そういや子どもの頃はキノコ類なんて大嫌いだったのになぁ。こんなに美味しく感じるなんて、オトナになったんだなぁ。と変なところで実感。


d0088006_21331486.jpg

そしてお店の人のお薦め、「厚切りフォアグラと大根のソテー」
大丈夫ですか?採算割れしてやしませんか?と思うようなボリューム。
濃厚で美味しかったです。
ただあまりに濃厚なため、二人で頼むと少し重いかもしれません。
もう少し大根の割合が多くなっても良いかも。。。


d0088006_2136238.jpg

同行者のデザートはバナナのブリュレ。
当然一口食べましたが、濃厚でバナナのつぶつぶが残っていてグーです。
ブリュレと言えば繊細なイメージがあったんですが、ここのは健康優良児って感じで元気の良いブリュレです。こういうのも良いですね。

d0088006_21363746.jpg

こっちは私がオーダーしたほうじ茶のシャーベット。
美味すぃー!ほうじ茶でこんなコクのあるスイーツが出来るんですね。
コンビニとかで市販されてたら箱買いするかも。


これ以外にも、アジのカリカリ焼きバルサミコソースの付け合わせだった玉ねぎのローストが私にはツボでした。皮ごと焼いてあるようで、一見「黒い塊?」なんですが、口に入れるとすんごい甘み。

他にも、たくわんの薫製やハムを頼まなかったのが心残り。
本当にお腹がパンパンで、あれ以上入りませんでした。

結局、二人とも飲み物はソフトドリンク1杯のみだったのに計1万円。
おそらく私たちが頼み過ぎなので、普通の食事量ならもう少し安く上がるのでは。

軽井沢で美味しいご飯が食べたいなー。という時にはかなり良いお店ですね。
またぜひお邪魔したいと思います。
[PR]
by tomonekoB | 2006-09-23 22:08 |  - 軽井沢



食べたものあれこれの   メモ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ラ・フレスク」 イタリ..
from 遊・癒 life Ⅱ
村上開新堂(一番町)の「..
from 千代田グルメ遺産
タベルネッタ アグレスト..
from 資格ゲッターが行く!
たい焼き(浪花家@江戸川橋)
from 資格ゲッターが行く!
「汐留SIO-SITE ..
from じぶん日記
784174 Blog ..
from 784174 Blog Ve..
クラブハリエ
from クラブハリエ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧