食べメモ

タグ:和食 ( 5 ) タグの人気記事

つきしま小町 @月島

もんじゃを食べたことが無いんです〜。と言ってみたところ
急遽もんじゃツアー企画が持ち上がりました。
ネット検索や口コミでの情報収集の結果、つきしま小町へ。
※今回は写真無しです。

駅からお店までの間にいくつものもんじゃ屋さんがありました。
月島といえばこれまでは焼き肉の凛とスペインクラブにしか
行った事が無かったんですがやっぱり月島はもんじゃの街ですね。
金曜日の夜だったためかどこも楽しげなお客さんで溢れていました。

小上がりの4人卓が2つ、普通の4人掛けテーブルが3〜4卓。
到着時点で満席。予約しておいて正解でした。

席に着く前に、椅子の下の収納スペースに荷物と上着をイン。
上着は東京都指定ゴミ袋と思われる大きな白いビニールの中に
全員分まとめて放り込みます。
そういう扱いをして良い格好で行きましょう。

具を炒めてしんなりさせて、土手を作って、生地液を3回に分けて流し込む
シンプルな工程ではありますが、今回の同行者はほぼ全員が初もんじゃ。
ということで1枚目はお店のお姉さんにお願いすることに。
さすがにプロです。ざざっと鮮やかな手つきであっという間に完成。

「ハイどうぞ」
「え、もう食べて良いんですか?」
みたいな、半生っぽい状態でOKのようです。
私はもう少し火が通って生地が膜みたいにテローンとなったあたりが好みでした。

いただいたのは
小町もんじゃ(海鮮)、ホルモンもんじゃ(味噌味)、めんたいもちチーズもんじゃ、
そばもんじゃ(ベビースター追加)、五目焼そば。
どれも美味しかったですがホルモンもんじゃが一番ツボでした。

これに生ビールや飲み物を各自4杯程度づつ飲んで、〆て12000円弱。
一人3000円。あらお手頃。

「もんじゃって意外に高いんだよ〜」という話を聞いていたので
ドキドキしていましたが、このお店は大丈夫でした。

最後にあんこ巻きが食べたかったんですが、同行者たちは既に
満腹状態で賛同を得られず断念。
でも他テーブルの女子たちが食べていたのがすんごく美味しそうだった!

うおー!食べてぇー!と思った時にはラストオーダーをとうに過ぎており断念。
あんこ巻きを食べるために再訪だな。

さてそろそろ帰ろうか。という頃に隣のテーブルでお店のお姉さんが
新たに1枚焼き始めました。
テイクアウトのお客でも?と思っていたら、ご自分用だったようで
まったりと食べ始めておられました。
そっか、夕食まだだったんですね。おつかれさまでした。

お店を出る頃には髪や服がすごい匂い〜。
香ばしいというか煙たいというか。
電車の中でも私たちの一団は明らかに異臭を放っていたと思います。
できればウォッシャブルな服装で行くことを推奨します。
男子はスーツに匂いが染み付いただろうな〜。
ファブリーズで取れるのかしら。





[PR] ブライダル
[PR]
by tomonekoB | 2007-04-29 13:48 |  - 和食

め組 @大門

お昼しか営業していないお店、め組。
あったかくて美味しいもの食べたい・・・と思った時に伺うお店です。
といっても一日20人限定なので、フラれることもしばしば。
臨時休業なこともしばしば。

ランチは1050円の一本のみ。当日のメニューは店の外に出ています。
d0088006_22371955.jpg

おでんはお出汁が美味しい。
きちんと手をかけていることが伝わってくるお味です。
できれば器を口もとに持っていってガッツリ飲みたい。
具材は各自3種ですが、隣と同じ物とは限らないようです。
d0088006_2238792.jpg

きんぴらとおからと揚げ物。揚げたて熱々です。
d0088006_2244158.jpg

うどんと炊き合わせ。
これまたお出汁が美味しいんだなー。
ご飯モノは、うどんか炊き込みご飯かが選べます。
讃岐うどんもあるようなので、これも試したいところ。
d0088006_22503158.jpg

で、最後はコーヒーと豆かん。
d0088006_2256242.jpg

カウンター11席をお二人で回していますが
皿数が多く、揚げ物は揚げたてを、麺は乾麺から茹でて供されるので
混み具体によっては1時間以上かかってしまうこともありますが
そんなこたぁどうでもいい!と思えるくらい、満足度の高いお店です。

20人限定じゃなくなるともっと良いのになー。
[PR]
by tomonekoB | 2007-04-11 23:12 |  - 港区

シェ・ノブ @大門

同じ場所にあったタイ料理屋(だったと思う)のランチが
かなり微妙だったため、それ以来近寄ってなかったんですが
先日前を通るとお店が変わっていました。

この辺りのビルによくある感じの細っこい階段を見上げると
12時20分頃で4人待ち。
待っている姿からリピーター風 = 美味しいのね。と判断し
5人目の待ち人になってみました。

ランチは限定40食の日替わり1本でこの日はビフテキ丼 900円也。

びふてき。なんとなく昭和を感じるのは私だけですか?
子どもの頃はビフテキといえばご馳走の代名詞だったような・・・。

関係ないですが、ビーフステーキ ⇒ ビフテキ みたいな略称を聞くたびに
「学ラン」 は何の略称?という疑問が頭を過ります。
で、今この記事書きながら調べてみました。
どうやら正解は「学生用のランダ」
ランダって?オランダ人風の服の隠語だったそうです。
年に数回頭をよぎっていた数年来の疑問が解けてスッキリしました。


お店には10分程度待って入店。
テーブル8席程度とカウンター10席くらいで、
シェフ1人と、お母さん風の女性1人の2人で切り盛りされてます。

席に座ってからも少し待ちましたが、まさにフル回転で一生懸命作っている姿が
目の前で見えるためか特に不満は感じません。

そしてお待たせ、ビフテキ丼がサラダ、赤出しとともに登場。
偶然か狙ってかは不明ですが赤出しがずいぶんマイルドでした。
が、私はこういう方が好きです。
d0088006_2220692.jpg

肉のアップ。
d0088006_22201827.jpg


いただきながら「どっかで食べたような・・・」と思っていたのですが
後からシェフが津つ井の出身と知り非常に納得。
・・・とか言いながら私の舌はお店の味を正確に記憶していられるほど
肥えている訳はないので、単なる思い過ごしの可能性も大。

正直、ちょっと濃い目?とも思いましたが、これは好みの問題ですね。
美味しくいただきました。

シェ・ノブ
住所 : 港区浜松町2−7−2 大塚ビル2階  ⇒地図
電話 : 03-3431-7943

[PR]
by tomonekoB | 2007-04-02 22:58 |  - 港区

ふぐ省 @浜松町

外観はスナックかレトロ喫茶店。初入店には若干勇気が要る店構え。
ネットで情報を見なければ、通りすがりにふらりと入ってみることは
なかったであろうお店です。

中に入ると・・・なんというか人ん家にお邪魔している感じ。
色々なものが色々な場所に置いてあります。
辞書とかカメラとかモデルガンとか、写真外ではギターとか。
壁には夜のお品書き。
d0088006_17574044.jpg

4人掛けテーブルが2卓とカウンター。
テーブルの上には4口コンロが並んでいます。
横並びの4口コンロ、初めて見ました。
d0088006_17581276.jpg

このお店のランチは1000円のふぐちりのみで、各自にマイ土鍋が出されます。
1000円とは思えないくらいふぐがゴロゴロ〜。
この他にポン酢と小さめ丼サイズのご飯。
ご飯をあまり食べずにお鍋をメインで食べ進んでいたら
「ご飯は足りなくなったらお代わり自由ですからどんどん食べてください」と
お声がけいただきました。
いえいえ、最初に出していただいた丼だけで十分な量です。
d0088006_17583560.jpg

最後は卵を出していただき、塩で味付けしながら雑炊に。
出汁がよく出ていて美味しい〜。
d0088006_175858100.jpg


この日は少し暖かい日で、ほぼ貸し切り状態。
ゆったり味わわせていただきました。
日によって混み具合の差が激しいそうな。
またちょっと冷える日にお邪魔したいお店です。

ふぐ省
住所:港区浜松町1−3−1  地図
電話:03-5472-8187





[PR] 中古パソコン
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-31 19:07 |  - 港区

ふく竹 @築地

以前にテレビで森公美子さんが紹介しているのを見てそそられたお店、ふく竹

女子4名飲み会だったので最初は小洒落たお店を探してたんですが
どーっしても!無性に!モツが食べたくなって恐る恐るリクエストしたところ意外に全員快諾。

メンバー全員、職場も自宅も全然交通の便の良く無い場所だったにもかかわらず
あえて突撃してみました。

2時間の時間制限はあったものの、席は個室っぽく仕切られてるし
コース+飲み放題で一人4000円程度だったし、若いメンバーでの
会社飲み会には良いかも。サラリーマン濃度が高かった。

お料理はマグロの刺身や揚げ物は超普通。

肝心のモツ鍋は醤油味をセレクト。
野菜たっぷりの中にニンニクスライスをたっくさん入れて
グッツグツ煮込まれたところをいただきましたが、かーなーりー脂身感あり。
食べてる途中に「ヤバいかなー」と思いつつ、あんまり残す訳にいかないしーと
せっせと口に運んでいたら案の定、夜中に胃もたれで薬のお世話に。

ま、私の胃が油に弱いだけなので、学生さんや健啖家のお父さんたちには
何の問題も無いかもしれません。

最後はちゃんぽん麺でシメ。これは太い麺がスープに絡んで美味しかったです。

同行者は「前に行ったモツ鍋はここまで脂身は入ってなかった」と言っていたので
夜中に苦しまなくて済むモツ鍋もあるのでしょう。
次はそういうお店にチャレンジ〜。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-11 00:22 |  - 和食



食べたものあれこれの   メモ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ラ・フレスク」 イタリ..
from 遊・癒 life Ⅱ
村上開新堂(一番町)の「..
from 千代田グルメ遺産
タベルネッタ アグレスト..
from 資格ゲッターが行く!
たい焼き(浪花家@江戸川橋)
from 資格ゲッターが行く!
「汐留SIO-SITE ..
from じぶん日記
784174 Blog ..
from 784174 Blog Ve..
クラブハリエ
from クラブハリエ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧