食べメモ

タグ:イタリアン ( 7 ) タグの人気記事

ロマンティコ @白金台

白金台プラチナ通りの1本裏にあるロマンティコ
伺う前は「このHP、シンプルすぎやしませんか?」と思ったけれど
行ってみて分かるような気がします。
無駄なデコレーションを排除した機能美。
とはいえ、価格帯の目安くらいは書いておいてもらえると良いなぁ。

web上で情報探してもお料理を絶賛する声が多い一方
「4人以上は予約させてくれない」
「先の事は分からないから、と1週間くらい前でないと予約させてくれない」
と、一風変わった情報が次々と登場。

大丈夫でしょうか。私たち、何かそそうをして叱られないでしょうか。と
軽くビビりながら怖いもの見たさもあって、土曜ランチに行ってきました。

お店自体はとてもスッキリしていて居心地の良い空間。
カウンター10席の小さなお店ですが、壁までの間に目線を遮るものが
何もないのでゆったり感じます。

パスタランチもあったけれど、せっかくなのでおまかせを。

まずはアンコウ。
ホワホワのアンコウと、その上のチーズが絡んで良い感じです。
d0088006_19541035.jpg

ラグーソースのタリアテッレ。
しっかりパスタを食べてる!という感じの食感。
d0088006_19553265.jpg

ペペロンチーノっぽいパスタ。
d0088006_19555682.jpg

牛ほほ肉。フォークで切れるような柔らかさ。
d0088006_19562223.jpg

私はティラミスを選択。
一口食べた同行者は「ティラミス観が変わった」らしいです。
d0088006_1956436.jpg

同行者が選んだキャラメルのアイス。ほろ苦の大人味。
d0088006_1957988.jpg

最後はコーヒー。
d0088006_19572563.jpg


お料理が出る時は「アンコウです」「ほほ肉です」とメイン素材だけが
伝えられ、余計なトークは一切なし。
料理中にかかってきた電話には一応出るものの「開いてません」
「一杯です」と木で鼻をくくったような返事。
私が予約の電話をした時は普通に応対されていたので
HPにも書いてますが、電話は営業時間外。というのが鉄則のようです。

でも10人のお客を1人で仕切ってる訳ですし、webの予備知識で
「こういうもんだ」と思っていたので特に違和感なし。
常連さんっぽい方とは結構饒舌に話してらっしゃいましたが
一見と常連を分けているというより、人見知りしてる・・・?という感じ。
特に嫌な感じはありませんでした。

おまかせ2人分+グラスのワイン1杯+シャンパン2杯で
17000円くらい。ごちそうさまでした。





[PR] 債務整理
[PR]
by tomonekob | 2008-02-16 20:21 |  - 港区

カッフェ アロマティカ @西新宿

西新宿で朝から所用を済ませ、ランチをいただきに
10分ほど歩いてカッフェ アロマティカへ。 ⇒食べログ

11時半のオープンと同時に入店。
店内には焼きたてフォカッチャの良い香りが満ちていて食欲を刺激します。
禁煙席をリクエストしていたので、地下のスペースへ案内されましたが
1Fのスペースも気持ち良さそうです。

コースは4800円の1本のみでした。

前菜。
アオリイカのカルパッチョ 海ぶどうとサルサヴェルデ添え。
海ブドウのプチプチ感、イカの歯ごたえと甘み。
二皿目以降への期待が増す美味しさです。
d0088006_23501146.jpg

フォカッチャ。焼きたてふかふか。
d0088006_23502111.jpg

パスタは渡り蟹のパスタに変更になってました。
噂通り、素晴らしい茹で加減。ソースも抜群のコクです。
d0088006_23503488.jpg

ジャガイモを詰めたラヴィオリ 軽いバジリコソース。
このコースの中で一番ツボにはまった逸品です。
中のジャガイモの舌触り、味、ラヴィオリの食感、ソース、全てが美味しくて
夢中で食べてしまいました。もっと食べたかった・・・。
d0088006_2350453.jpg

屋久島産 尾長鯛と伊勢浅蜊のアクアパッツァ。
同行者が一番ツボっていたのが、このアサリのプリプリ感とお味。
私は鯛の方に夢中に。
d0088006_23505861.jpg

沖縄産 やんばる島豚のカツレツ。
カリッと香ばしくて美味しいのですが、少し脂身が多かったかな。
美味しくてペロッといただきましたが、ややもたれました。
d0088006_2351766.jpg

デザート。
同行者のマンゴープリン。かなりあっさりとした甘さでした。
d0088006_23511781.jpg

私のティラミス。
エスプレッソのグラニテがかなりパンチの効いた濃さでした。
デザートはもっと甘いものを選べば良かったなぁ。
d0088006_2351264.jpg

カプチーノ。
d0088006_23513693.jpg

お料理はとてもとても満足。
サービスの方も丁寧で気持ち良いのですが、
お料理が出てくるのにかなり時間がかかりました。
後に予定がある時には向かないかもしれませんが
近いうちにまた是非食べに行きたいお店です。





[PR] ショッピング
[PR]
by tomonekob | 2007-07-01 23:55 |  - そのた都内

ピッツェリア・ドォーロ @新橋

ピザ食べたいスイッチが入ったためピッツェリア・ドォーロへ。 ⇒ぐるなび
d0088006_0504050.jpg

13時過ぎの訪問でもかなりの賑わい。
良い立地とは思えないんですが、その後も続々新客来店の人気店。

ランチは1000円と1200円の2択です。
パスタまたはピザとサラダ、ドリンクのセットだと1000円。
スペシャルピザ(6種類)とサラダ、ドリンクで1200円。

ピザは石釜で焼いたもの。
釜入り口の上部におそらく焼きすぎたと思われるものがお皿に乗せられて
置いてあったんですが、もしや後でまかないにでも?まさかね。

まずはサラダが登場。極めて普通。
d0088006_0421951.jpg


いつも不思議なんですが、このお店のカトラリーの標準セットは
スプーンとフォークのみ。ナイフはお願いしないと自動的には出てきません。
でもピザ食べるのにスプーン?何に使うの?
リゾットの客用に入れておくけど、ピザならフォークだけで食べろ!ってこと?

こちらはビスマルク。1000円で頼める普通のピザの方です。
半熟卵とハム。ということだったんですが、半熟ではなく生卵。
d0088006_0484051.jpg


こっちは自家製ソーセージと卵とほうれん草のピザ。1200円のスペシャルの方。
これも卵が超レア。どうもこのお店ではこれが標準な様子。
もう少し火が入ってる方が・・・。生地は薄めだけど、サクパリ感はなし。
d0088006_0485169.jpg


右上に写っているボトル、お姉さんが無言で置いて風のように去って行ったので
最初はこの液体の正体が分からず。
色から「メープルシロップ??」と推測するも、かけてみると辛い。
後で「これは何ですか?タバスコみたいなもの?」と尋ねると
知らないのかといった顔で「唐辛子のオイルです」とのこと。
持って来た時に説明せな分からんがな。と心の中で突っ込み。

食後に。とお願いしたコーヒーはピザがまだ1/6ピース残ってる段階で登場。
非常にざっくりとしたオペレーションでした。

サービスについては引っかかるところもあるけれど
まぁお腹一杯になるし、お味もまずまず。
1000円ランチとしては優秀なのかも。





[PR] ジュエリー リフォーム
[PR]
by tomonekoB | 2007-04-20 23:55 |  - 港区

タベルネッタ アグレスト @茗荷谷

桜の咲き具合をチェックするため播磨坂へ。
ぽつんと2、3輪開いてる樹がチラホラある程度で
あと一週間くらいはかかりそうです。

その播磨坂にあるタンタローバを狙って行くも
今日は小石川マダムの会合ラッシュらしく11時40分の時点で既に満席。
道向こうのお店と少し迷って、お隣のタベルネッタ・アグレストへ。

パスタとピザで悩みに悩んでスタッフに相談。
「手打ち麺」という言葉になんとなく釣られてタリオリーニに決め、
パスタランチ900円とデザート300円をいただくことに。

まずはサラダとパン。
ハーブ入りフォカッチャはまずまず。
サラダドレッシングはお酢が少し強すぎたかな。
d0088006_19401229.jpg


パスタは鶏そぼろとホウレン草のタリオリーニ クリームソース。
うーん・・・中華麺のような歯ごたえ。
タリオリーニってこんなだっけ?という感じ。
d0088006_19465097.jpg


デザートは白ごまのブラマンジェ。
d0088006_19503411.jpg


お店の雰囲気も素敵で、スタッフもきびきびと働いてらっしゃるんですが
肝心のお味がしっくりこない。

どうだった?と言われても「普通。」って答えちゃう感じ。
900円ランチで普通の味であれば文句付ける筋合いは無いんですけども。
評判の高さを聞いていたので元の期待値が高すぎたのかもしれません。

夜だともう少し違うのかなぁ。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-23 20:01 |  - 文京区

Trattoria VARIOPINTO @浜松町

幹線道路から少し離れた静かな場所にあるTrattoria VARIOPINTO
トラットリア ヴァリオピント と読むんですね。

12時代なのに、営業中っぽいのに、「CLOSED」の札がかかっていたり
ぐるなびのランチページに
「平日12:00〜12:30のご来店はご予約をお願い致します」
「1日20名様限定」
などの牽制表記が踊っていたり、で、なんとなーく怯んでいました。
が、ふと思い立って13時頃に電話。
「カウンターならOK」とのことで初訪問となりました。

帰り際に聞いてみたら「20名様に限らず、お席があればご案内するようにしてるんですよ」とのことでした。
まぁ24席の小じんまりしたお店なのでサービスが回る範囲ということで
お店側の気遣いなんでしょうかね。
ランチに行く前には電話一本入れておいた方が無難そう。


ランチはサラダ、パンとパスタで850円。
パスタは4〜5種類から選択可能で、その中から
新ジャガのジェノバ風 バジリコソーススパゲティ を。
d0088006_21195494.jpg

後ろに写っている自家製パンはごく軽ーくトーストしてあって嬉しい。
パスタの新ジャガはほっくり、パスタもしっかりアルデンテで納得のお味。

思った以上にボリュームもあり、これで十分満腹でした。
が、せっかく来たんだしデザートも試してみたい。そしたら暖かい飲み物も・・・。とついついエクストラで注文。

デザートは日替わり(+300円)と、自家製デザート(+525円)の二種類。
自家製デザートは5種類くらいあるんですが、
その中からガトーショコラとピスタチオのジェラート をチョイス。
大好きなんです。ピスタチオ。
d0088006_21362828.jpg

うーん、ジェラートはあまりピスタチオ風味が感じられず残念。
ガトーショコラはしっかりしていて美味でした。

カプチーノ (+350円。)
d0088006_2137919.jpg


他のお客様が結構いらっしゃったので店内の写真が取れなかったんですが
このお店、内装が落ち着く~。

珪藻土っぽい暖かみのある壁と間接照明の暖かい光と、大きな窓。
全体的に茶系とベージュ系で統一された中に
落ち着いた明るめブルーがアクセントカラーになっていて上品です。
カウンター席もカウンター部分の奥行きが広くて全然狭く感じないし、
女性ウケするオシャレ感でした。

接客も丁寧。
若干、スタッフ同士の人間関係が大丈夫か?と心配になる場面はありましたが・・・。


でも、機会を見つけてきっとまた行きます。
今度は夜に行きたいな。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-15 22:19 |  - 港区

アレッサンドロ・ナニーニ @汐留

汐留のイタリア街にあるアレッサンドロ・ナニーニ
d0088006_23371893.jpg


愛読しているブログ、じぶん日記で紹介されているのを見て、2度目の訪問です。
前回はガラのよく無い団体様と近くの席になってしまったこともあり
あまり良い印象ではなかったんですが、気を取り直して再トライ。

ランチメニューから本日のスペシャルランチをお願いしました。

まずは春野菜のサラダ。
彩りはキレイなんですけど、しょ、しょっぱい!
ベースのドレッシングは美味しかったのに残念。。
d0088006_20542689.jpg


パン。いちじく入り、ミルク入り、塩味の効いたもの、と3ピース。
d0088006_20564731.jpg


「パンに付けてどうぞ」とオリーブオイルを出していただきましたが
私はその組み合わせがあんまり好きじゃないのでオリーブオイルに手をつけず
パンだけをいただいていたところ
スタッフの方から「よかったら試してみてください」と出していただいたのが
オレンジ入りのオリーブオイル。
この写真の右側のボトルです。左は手つかずにしてしまった普通のオリーブオイル。
d0088006_20593066.jpg

「いちじくのパンによく合いますよ。」とのお言葉通り、ほのかーにオレンジの香りがしてとてもイイ。お勧め通り、いちじくパンと合う!
あとで「パンをもう一つお持ちしましょうか?」と聞かれて「いちじくのをお願いします」とリクエストしちゃったほど。(ミルクのパンにはいまひとつマッチせず。)

気に入ったのでスタッフの方に普通のお店でも買えるのかお聞きすると
「最近は市販されるようになりましたね。プランタン銀座の地下にはこういう面白いものが置いてありますよ」とのこと。早速探検しに行かねば。

ちなみにその方は、サラダにかけたりヨーグルトに混ぜたりしているそうな。
ヨーグルトにオリーブオイル?? 興味津々。

本日のパスタはシカ肉と赤ネギのパッパルデッレ。
写真は食べかけです。ガッついてうっかり撮影前に食べちゃいました。
d0088006_2124313.jpg

「パッパルデッレ」は、初めて耳にした言葉でした。
「バ」または「パ」で始まる名前。としか覚えきれずググって名前を確認。
ラザニアの幅が細い版とでもいいましょうか、2〜3cm幅の薄いパスタ。
これに鹿肉を一旦ソーセージにして再度ひき肉っぽく戻したもの(ウロ覚え)と赤ネギ。赤ネギの存在感は感じませんでしたが、美味しかったです。

デザートはバニラのババロアと姫リンゴのコンポート。
このババロア、しっかりとバニラが効いていて、かーなーりー好みでした。
d0088006_2116543.jpg


そして食後のカプチーノ。
このお店はカプチーノをお願いすると色んな絵を描いてくださいます。
今回はクマ。可愛い!可愛すぎ~。
が、一瞬、私の目には顔の下のハートが魚に見えました。
今まさにシャケを丸飲みにせんとする姿! (私だけ・・・?)
d0088006_21332137.jpg


少し飲むとムンク風。
d0088006_2135143.jpg


前回訪問時は温泉に入っている猫でした。すごい芸達者だなぁ。
全体的なサービスは前回より良かったです。
もしかして今回はデジカメ持参だったから?とも思いましたが、
遅いランチでほぼ貸しきり状態だったのがラッキーだったのかも。

今日は午前中、トラブル続出でブルーだったんですが
美味しいお食事(サラダは除く)と居心地の良いお店でたっぷり1時間過ごして
最後は「良い一日を」の言葉で送り出していただき
すっかりリセットして午後の仕事に戻れたのでした。ありがとう。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-13 22:12 |  - 港区

ラ・フレスク@目白

目白のイタリアン、ラ・フレスクへ行ってきました。
残念ながらデジカメを持って行くのを忘れたため、写真なしです。うう。

今回が初回訪問ですが、実は以前、店からドタキャンされた苦い思い出が。

「今日はイタリアン♪」と朝から気合い十分でいたところ
昼過ぎに突然ケータイに入電。
「今日、閉店後に電気工事を予定してたんですが、こっちが時間を
勘違いしてまして・・・8時から工事開始なんです。
7時半からでご予約頂いていましたが、本日はキャンセルしていただけないでしょうか

はい?

私もそこそこの年数を生きていますが、店側からキャンセルをお願いされたのは生まれて初めてです。しかも当日、訪問の数時間前。もしもし?

普通ならあり得ないミステイク。
そしてそんな店への再チャレンジなんてもっとあり得ないと思うんですが、
なんとなーく気になって仕方がないので再挑戦することにしました。

このお店、田中眞紀子さんがオーナーと聞いていたので「ちょっと気合いを入れて行くべき?」とか思ってたんですが、行ってみると全然そんな気負いは不要な雰囲気。
まぁ短パンTシャツとかだと流石にアレですが、あんまりオシャレしちゃうと逆に浮いちゃう危険すらあります。
今日ご一緒したお姉様は、かなり気合いを入れて来てくださったので少々申し訳なかったなぁ。
「オーナー眞紀子・目白・イタリアン」というキーワードからすると当然のことでしょうが・・・。

さて、肝心のお料理ですが夜は3500円のコースと2500円のコースがあり、
私たちは3500円の方をお願いしました。
前菜、パスタ、メイン、デザート、パン、コーヒー付き。
プラス500円でデザートが盛り合わせになるというので二人ともそれをチョイス。

前回、キャンセルしてくださいと電話があった際に
「次回お越しいただく時はサービスしますので」と言ってことを思い出し、
今回の予約時には
「前回、当日キャンセルをお願いされた者ですがぁー」と堂々と伝えてみた。(少し品が無いか??)

お陰で前菜は4種類から1つ選択するスタイルのところ、3種の盛り合わせに
サービスしてくださいました。

カプレーゼと、アスパラのチーズ乗せと、・・・もー1個は忘れてしまいましたが、モッツァレラは大変もっちりとして美味しかったです。

で、ここで登場したパン! これが美味い!
フランスパンと、胡麻のパンと、もう一種類出て来たんですがどれも美味しい。
特に胡麻。暖め直し方が良いというのもあるんでしょうが、サクフワっとしていて大変美味しかったです。

「自家製ですか?」と聞いたところ
「関口パンという所にこんな感じで作ってください、とお願いして作ってもらっています。
オーナーが昔から食べているところで、この近くの方の間では結構有名です。」と
何だか得意気なホールスタッフくん。

で、家に帰って早速調べてみたらありました。関口パン情報。
うちからもそう遠くない所なので、近いうちに行ってみようと思います。

続いてはパスタ。10種類近くある中から、迷いに迷って
同行者はオレンジと渡り蟹のカッペリーニ、
私はバジル風味のラザニアをオーダー。

・・・バジル風味のラザニアって、遭遇したことあります??
もしかして結構定番なんでしょうか?

私の中ではラザニアといえばミートソース。だったわけですが
パスタの一種であることを考えると、色んな味付けがあるのは当然な訳ですね。
お味はまずまずでした。でもやっぱミートソースの方が合うかな。。。
カッペリーニも一口頂きましたが、これも繊細なお味。もっと食べたかった。

メインは、3種類の中から鴨のナントカ ブルーベリーソース。

すいません、ブルーベリーソースに目を奪われて、調理方法が記憶に残ってないですが
柔らかく、しつこくなく、ソースも重くなく。美味しかったー。

同行者が食べてた牛フィレも美味でしたが、私は鴨の方が好みだったな。

そしてこの段階で私たちは結構お腹いっぱいに。
背筋をまっすぐ延ばしていないと危険なほどにいっぱいいっぱいです。
のど仏の辺りまでパンパンに詰まってる感じ。もうすぐ喫水線超えの危機。

が、この後デザート。しかも盛り合わせでオーダー済み。
若干の後悔はありましたが出された以上、その山は越えねばなりません。

パンナコッタとティラミス、チーズスフレとマロンプリン。

空腹時に聞くと踊りだしそうなラインナップですが
さすがにコースの最後に勢揃いされると圧巻でした。というかちょっと圧迫感すらあり。

また美味しいんです。どれもこれも。
特にパンナコッタは、お店で出されても私的には「びみょーだなー」と思いながら
食べることが多いんですが、ここのは本当に美味しかった。

デザートは別腹だしー。と半ば自分に言い聞かせつつなんとか完食。
かーなーりー苦しかったですが。
同行者は物理的に入らなくなり、リタイアしてました。

結局、飲み物も私がキール、同行者がカンパリを頼んだだけだったので
お会計は二人で9400円。

ええええ。この内容で1万円切るのぉー?
いやー、ポジティブサプライズでした。

目白駅からちょっと遠い(タクシー1メーター)ですが、再訪の予感。
あんまり気取らない雰囲気の中で美味しいものを食べたいなーという時に良いお店だと思います。

でも採算大丈夫なのかなー。
木曜の夜なのにお客は私たちともう一組、合計4人だけ。

まぁオーナーさんがオーナーさんだけに、採算とかは気にしてないのかも。
また行きたいので、ぜひ存続させてください。
[PR]
by tomonekoB | 2006-09-21 23:42 |  - 洋食



食べたものあれこれの   メモ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ラ・フレスク」 イタリ..
from 遊・癒 life Ⅱ
村上開新堂(一番町)の「..
from 千代田グルメ遺産
タベルネッタ アグレスト..
from 資格ゲッターが行く!
たい焼き(浪花家@江戸川橋)
from 資格ゲッターが行く!
「汐留SIO-SITE ..
from じぶん日記
784174 Blog ..
from 784174 Blog Ve..
クラブハリエ
from クラブハリエ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧