食べメモ

<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ふぐ省 @浜松町

外観はスナックかレトロ喫茶店。初入店には若干勇気が要る店構え。
ネットで情報を見なければ、通りすがりにふらりと入ってみることは
なかったであろうお店です。

中に入ると・・・なんというか人ん家にお邪魔している感じ。
色々なものが色々な場所に置いてあります。
辞書とかカメラとかモデルガンとか、写真外ではギターとか。
壁には夜のお品書き。
d0088006_17574044.jpg

4人掛けテーブルが2卓とカウンター。
テーブルの上には4口コンロが並んでいます。
横並びの4口コンロ、初めて見ました。
d0088006_17581276.jpg

このお店のランチは1000円のふぐちりのみで、各自にマイ土鍋が出されます。
1000円とは思えないくらいふぐがゴロゴロ〜。
この他にポン酢と小さめ丼サイズのご飯。
ご飯をあまり食べずにお鍋をメインで食べ進んでいたら
「ご飯は足りなくなったらお代わり自由ですからどんどん食べてください」と
お声がけいただきました。
いえいえ、最初に出していただいた丼だけで十分な量です。
d0088006_17583560.jpg

最後は卵を出していただき、塩で味付けしながら雑炊に。
出汁がよく出ていて美味しい〜。
d0088006_175858100.jpg


この日は少し暖かい日で、ほぼ貸し切り状態。
ゆったり味わわせていただきました。
日によって混み具合の差が激しいそうな。
またちょっと冷える日にお邪魔したいお店です。

ふぐ省
住所:港区浜松町1−3−1  地図
電話:03-5472-8187





[PR] 中古パソコン
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-31 19:07 |  - 港区

一幸庵のわらびもち @茗荷谷

わらびもちを買いに行き、敗れること4回。

1度目:定休日と知らずに日曜日に訪問。
2度目:14時過ぎ訪問。売り切れ。
3度目:臨時休業(卒業式用の大量注文対応のため)
4度目:12時過ぎ訪問。売り切れ。

まぁそもそも予約が可能なのに毎回飛び込みで突撃していた
私が悪いんですけどね。
さすがに5連敗は避けたいので、今回はちゃんと予約しました。

ウキウキしながらお店に入ると小さな店舗なのに先客3組。
今日はすぐ近くの播磨坂で桜が満開なので、お花見ついでに
立ち寄られる方も多いのかもしれませんね。

ショーケースを覗くと、わらびもちの姿はなし。
いつもはサンプルだけはショーケースに残しておいて
その横に白い札(売り切れの印)が置いてあるんですが。
予約だけで完売ってこと?予約しておいて良かった。

包んでもらっている間にショーケースを再チェックしていたら
みたらし団子が放つ美味しいぞ光線につかまりました。
もちろんお買い上げです。350円くらい。
長ーい串に小さなお団子が7個。
お餅が柔らかくて、タレもちょうど良い甘さ加減。うまうま。
d0088006_15161783.jpg


そして念願のわらびもち。
包みを開きながら、テンション上昇。
箱を開けるときな粉のしっかりとした香りがほわわーんと広がります。
d0088006_15431476.jpg

わらびもち自体は、親指と人差し指で輪っかを作ったくらいのサイズ。
ふるふるです。瑞々しく、ぽってりとし感じ。
d0088006_15483373.jpg

中にはこし餡。
d0088006_15484524.jpg

もち部分は柔らかくてプルっプル。唇だけで噛み切れます。
中に入ってるこし餡は「飲める」と思うほどなめらかで上品。
私がこれまで食べたことのあるわらびもちとは全然別ものでした。

1個330円。
少々お高く感じられますが、食べれば納得だと思います。
良い材料を集めて、手間ひまかけてることは十分に伝わります。

わらびもちを包装している紙に書いてある文章からも
職人さんの思いのようなものが伝わってきて
こういうものが戴けるのはありがたいことだなぁと幸せに思いました。


今日、売り切れていた道明寺の桜餅も食べたかったなぁ。
桜餅はあと2、3日で終わりと聞いたので、その間に再訪するか
真剣に考え中です。

d0088006_1543062.jpg


お菓子調進所 一幸庵
住所:東京都文京区小石川5-3-15
電話:03(5684)6591
営団地下鉄丸ノ内線 茗荷谷駅より徒歩5分

[PR]
by tomonekoB | 2007-03-29 18:29 |  - 和菓子

荒井商店 @新橋

荒井商店。と聞いて飲食店だと思う人はあまりいないと思います。
私も金物屋さんをイメージ。
が、ここは新橋のペルー料理のお店。

ペルー料理と聞いて一見さんが入りにくい不思議ワールドを
想像していましたが、予想に反して入りにくさはゼロ。
お店の外から中の様子を伺っているお客さんには
中からドアを開けて「良かったらどうぞ」とさわやかな誘導も。
d0088006_20441714.jpg


ランチは2択。
来たからには当然「ペルー風」を!とAを。
ペルー料理店であるからにはBも当然ペルー風。と気付いたのは食後。
d0088006_20552859.jpg


まずサラダ。クリームチーズと玉ねぎドレッシングがオン。
d0088006_20442950.jpg

カレー。鶏肉がワシワシ入ってます。
そしてカレーの中には大きいジャガイモの輪切りが潜んでいます。
d0088006_20444178.jpg

お皿から漂うスパイスの香り。
アジアの街中でよく出くわすんだけど、これってカレースパイスの
香りだったんだ・・・と変なところで納得。

カレー自体はとてもマイルド。というか、辛みはほぼゼロでした。
すりリンゴに見えるペルーの唐辛子をおろしたもので各自辛さを調節。
コクがある、というよりサラッとしているという感じ。
インディカ米とよく合いますね。

冷蔵庫の上に置いてあった「紫とうもろこしのジュース」とか
「インカコーラ」のポップ。すんごい気になります。

ペルー料理ってこんなもの。というイメージは
まったく掴めませんでしたが、ランチ一回では当然ですね。
ペルーらしさに触れるためにはやはり夜か。

創作料理・レストラン 荒井商店
住所:東京都港区新橋5丁目32ー4
電話:03(3432)0368
JR新橋駅より徒歩7分くらい






[PR] Tokyo apartment
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-27 21:47 |  - 港区

浪花屋と鳩の館 @江戸川橋

人形町ではあまりの行列に諦めたものの、どうしても食べたくなって江戸川橋の浪花屋へ。

平日の午後ということもあってか、行列は無いものの
お客さんは次々と訪れている様子。

焼きたてのホカホカをお買い上げ〜。
d0088006_2122888.jpg

手でバリンと割った図。皮が薄いタイプです。
d0088006_21224919.jpg

厚めのどっしりしたタイヤキももちろん好きですが、
このお店のみたいな薄皮タイプも全く違った美味しさで甲乙付けがたい。

せっかくなら焼きたて熱々のやつをバリンと食べたいもの。
という訳で、近くの公園タイヤキ休憩をとりました。しあわせー。

お土産用にミニタイヤキも購入。
d0088006_21313030.jpg

1個目を食べると少し「じゃりっ」とした砂糖感。
これは・・・わざと?
でも一緒に食べた人は「そんな食感、無い」と言っていたので、
私のがアタリだったと思うことにします。

タイヤキを買った達成感とともに道を歩いていたら鳩山会館を発見。

これが噂に聞く音羽御殿ね。ということで寄り道することに。

入り口前の注意書き。何があったのか、いろいろと想像は膨らみます。
d0088006_2148288.jpg


坂の上にある重厚な洋館。
d0088006_21451574.jpg

上の方をよーく見ると・・・鳩。
d0088006_21453711.jpg

バルコニーから見上げると、そこにも鳩。
そしてお金持ちの目印、シカの首。
d0088006_2145477.jpg

ステンドグラスにもやっぱり鳩。
d0088006_21474281.jpg


広ーいお庭に出てみると、咲き乱れるお花や金色に輝く銅像。
そしてここにもお金持ちの象徴、丸々と太った鯉。
d0088006_2152670.jpg

その鯉の横に佇むのも、やっぱり鳩。狙われてるよ、鯉!
d0088006_21522223.jpg


もちろん他にも見所はたくさんあって大変興味深かったんですが
何故か写真に納めているのは鳩ばかりでした・・・。

お庭の花はとても美しく、よく手入れされている感じが伝わってきます。
これからの季節、お庭を見に行くだけでも良いかも。
しかし都内の一等地でこれだけの設備を維持していくのは大変だろうなー。

この御殿、何かの観光ツアーの一部に組み込まれているようで
胸に旅行会社のシールを貼付けた東京見物の方々も。
東京観光スポットの一つなんですね。
入場料500円。結構楽しめました。

帰りに通りかかったお寺で、1本の樹に紅白の桜が咲いているのを発見。
こっそり忍び込んで写真だけ撮らせていただきました。
こんな品種もあるんですね〜。(もしや常識?)
d0088006_2305487.jpg

d0088006_2312375.jpg

[PR]
by tomonekoB | 2007-03-26 22:12 |  - 和菓子

群林堂と護国寺散歩 @護国寺

とある平日の午後、豆大福が評判の群林堂へ。
地図を頼りに向かうと、普通のマンションの1Fに20人ほどの行列が。
平日の12:45にまさか・・・と思いましたがそこが群林堂でした。

包んでもらって買うだけだから、すぐに順番来るだろうとタカをくくっていたのに
列の進みは超スロー。たっぷり30分かかって私の番。

なんでこんなに時間が?と疑問でしたが、レジが近づいてその謎は解けました。
私の前の方は30個、前の前の方は20個をお買い上げ。
皆さん、仕入れですかい?という大量購入。

そんなに美味しいなら翌日友人の家に行く手みやげに?と思いましたが
「無添加なので明日になったら固くなってしまいます。人に差し上げるのは
止めた方が」とのことで断念。

ようやく購入できた豆大福を持って護国寺へ。
敷地内に点在するベンチには、めいめいお弁当やお菓子を持って
ホッコリしている人たちがチラホラ。
なんかいい感じの小春日和の風景です。

早速ベンチに座り、いそいそと豆大福の包みオープン。
柔らかいため、持っているうちに三角おにぎり風に変形。
d0088006_1781894.jpg

モチは柔らかくて、豆はしっかりホックリ。
あんもあっさりめで納得の美味しさ。
ただ、「ここのじゃなきゃ!」と思うほどではないかなぁ。

春の陽差しの中、隣のベンチにも同じように群林堂の豆大福を
楽しんでいる女子がいて、なんか勝手に仲間意識。

護国寺の桜は、まだまだで、唯一開いていたのがこの枝。
満開が楽しみですね。
d0088006_17214937.jpg


境内付近にいた猫のセクシーポーズ。
眉間を撫でるられて気持ちよさのあまり階段から落ちる無防備さん。
d0088006_17253584.jpg


護国寺で小一時間過ごし、来た道を戻ると群林堂の行列が消えていました。
「たまたま昼休みの時間だから混んでた?」と思いつつ近づくと
d0088006_17471388.jpg

平日の14時過ぎですよ?すごい人気だなぁ・・・。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-25 17:54 |  - 和菓子

いちご狩り @栃木

栃木までいちご狩りに行ってきました。

「農薬の使用を極力抑えてて、いちごの甘みが強い農園がある」という噂を聞き、
まつもと果樹園さんに予約の電話したのが今年の1月、。

「1、2月は予約がいっぱいですが3月なら・・・」と言われ
2ヶ月待ってのご訪問です。
しかしいちご狩りってそんなに人気のあるイベントだったのか。

到着するとたくさんの菜の花がお出迎え。
「お客さんがキレイって喜んでくれるかなーと思って。」という言葉に
なんだか嬉しくなります。
d0088006_2161882.jpg


いちごの品種はとちおとめ。
30分一本勝負の1100円です。
いちごだけを食べ続けるわけですから30分あれば十分。

事務所で荷物をロッカーに預け(お持ち帰り防止のため)、
お金を払ってヘタを入れる容器を受け取ります。

以前行った農園ではコンデンスミルクを渡されたので聞いてみると
「大丈夫ですよ、うちのはいちごだけで十分甘いですから」と頼もしいお言葉。
そうですよね、本来いちごってそのままで食べるもんですよね。

菜の花畑の横を通っていちごのビニールハウスへ。
時期と時間帯によるのか、私たちでこのハウスを独占させてもらいました。
両端に植わっているのはモグラよけのニンニク。
これが無いとモグラが現れて畑をボコボコにしちゃうそうな。
d0088006_21171458.jpg


美味しいいちごの選び方は色、ツヤ、張り、なんだそうです。
特にツヤが大事とのこと。ツヤピカ〜。
d0088006_21283184.jpg


お腹いっぱいになるまで堪能させていただきました。
1月に他の農園も体験済みなんですが、そこのものよりも甘みが強かったです。

でも今度はとちおとめ以外の品種を試してみたいな〜。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-24 21:41 |  - 日帰り遠足

タベルネッタ アグレスト @茗荷谷

桜の咲き具合をチェックするため播磨坂へ。
ぽつんと2、3輪開いてる樹がチラホラある程度で
あと一週間くらいはかかりそうです。

その播磨坂にあるタンタローバを狙って行くも
今日は小石川マダムの会合ラッシュらしく11時40分の時点で既に満席。
道向こうのお店と少し迷って、お隣のタベルネッタ・アグレストへ。

パスタとピザで悩みに悩んでスタッフに相談。
「手打ち麺」という言葉になんとなく釣られてタリオリーニに決め、
パスタランチ900円とデザート300円をいただくことに。

まずはサラダとパン。
ハーブ入りフォカッチャはまずまず。
サラダドレッシングはお酢が少し強すぎたかな。
d0088006_19401229.jpg


パスタは鶏そぼろとホウレン草のタリオリーニ クリームソース。
うーん・・・中華麺のような歯ごたえ。
タリオリーニってこんなだっけ?という感じ。
d0088006_19465097.jpg


デザートは白ごまのブラマンジェ。
d0088006_19503411.jpg


お店の雰囲気も素敵で、スタッフもきびきびと働いてらっしゃるんですが
肝心のお味がしっくりこない。

どうだった?と言われても「普通。」って答えちゃう感じ。
900円ランチで普通の味であれば文句付ける筋合いは無いんですけども。
評判の高さを聞いていたので元の期待値が高すぎたのかもしれません。

夜だともう少し違うのかなぁ。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-23 20:01 |  - 文京区

アンコールワット @代々木

以前、職場が近かった頃は週イチペースでランチに通っていたお店です。

雄叫びをあげる象がお出迎え。
d0088006_22352124.jpg


ここはサービスを期待してはいけないお店です。

食事よりデザートが先に運ばれてきたり、
食べ終わる前に皿を片付けられそうになったり、
混んでる夜には、単品を頼もうとしてもコースを何度も勧められたり
ある程度食べると「次のお客さん待ってるから」と立ち退きを迫られたり、
飲食業にサービスを求めてしまうと、色んなプチびっくりが起こります。
夜には会計時の計算ミスもかなりの頻度で起こるとか・・・。

でもここはそういう店。と割り切ることが肝心。
何度となくプチびっくりさせられてますが、機会があるごとについつい再訪。


基本のランチセットはAセットからGセットの7種類。
お店側のイチオシはGセットで、席に着くなりGセットを勧められます。

Gセット 1000円
 ・クティウ (フォーだと思ってください)
 ・炒飯 (ほのかに甘みあり)
 ・海老生春巻き
 ・胡麻団子

生春巻き用のスイートチリソースが若干微妙な味ですが
それ以外は美味しいし、お腹いっぱいになるので
勧められずとも8割程度の確率でGセットを頼むことが多いです。

が、今回はどうしてもカレーが食べたくてAセット1200円。
 ・クティウ
 ・チキンカレーとご飯
 ・鶏の辛味サラダ
 ・ココナッツアイス または カボチャプリン を選択
 ・メニューには書いてないけど胡麻団子1個サービス
d0088006_22355478.jpg

クティウはフォーと同じくお米の麺。
あっさり味のスープに海老、干しえび、イカ、鶏の細切り、鶏そぼろ、お漬け物っぽい食感の何か、ネギ、モヤシ、と魚肉菜入り交じった具が盛りだくさん。

チキンカレーは、鶏肉と茄子と、サツマイモが入ってます。
このサツマイモの甘みが許せない人もいるかもしれませんが、私にはツボ。
今回も美味しく戴きました。

鶏の辛味サラダはさっぱりとした辛さ。
目にも鮮やかな唐辛子がたくさんが乗ってますが、辛いもの初級の私でも美味しくいただけます。ちょっと舌がピリピリしますけど。

デザートはアイスを選択。
ここのカボチャのプリンは丸ごとのカボチャの中身をくり抜き
そこにプリン生地を流し込んで蒸したもの。

ただ、これはカボチャ本体の甘さによってアタリ外れがあります。
あんまり甘みのないカボチャだと、デザートなのにお惣菜のように
感じられることもあり。
最初に食べた時は「うまっ!」と思ったんですが2回目以降はイマイチ・・・。

カンボジア料理ってここでしか食べたことがないですが
日本人の口に合うようにアレンジされてるのかもしれません。

雄叫びを上げる象、近影。
d0088006_2236959.jpg



この後、春の日差しが気持ち良かったので明治神宮へお散歩。

参道で新人研修中のバスガイドさんたちと遭遇。
d0088006_1985135.jpg

境内では結婚式。
d0088006_199649.jpg


皆さん新しい門出の春ですね。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-22 23:05 |  - そのた都内

CORB @後楽園 2日目

CORBのパン初体験でとても気に入ったので、続けてご訪問。

今回はカフェでお食事をいただきました。
カボチャスープとホットサンドイッチ。
スープにもパンがついてますが、そのパンはお持ち帰りに。

このホットサンドイッチ、野菜のソテー、チーズとベーコンの2種類。
おいしい。そしてパンの食感が素晴らしい。
たっぷりのスープもしみじみと幸せになるお味でした。満腹です。
d0088006_21303581.jpg


そして今回も色々とお持ち帰り。
この写真の右下がパン、ケーキ類のコーナーです。
d0088006_21311591.jpg


リンゴのタルト。
タルト地がサックサクしてます。
d0088006_17163733.jpg


スコーン2種。
噛むと外側部分がサクパリっとした食感で、中は少ししっとり目。
チョコがあっさりしていてオヤツっぽすぎなくて素敵。
d0088006_21252651.jpg


人参と生姜のケーキ。
包みを開けるとシナモンの良い香りが。
人参?生姜?という感じで素材の味が見つけられなかったんですが、
食べ終わりで喉のあたりに生姜の後味を発見。
d0088006_21292038.jpg


ライ麦パンもいただきましたが、ライ麦が粒のまま入っていて
噛めば噛むほど素材の味が出てきます。

このお店のパンやケーキ全てに共通しているのは
「なんか色々手を加えて仕事しましたッ」という感じではなく
素材がもともと持っている味を引き出しました、という自然体の味。
しみじみシンプルで、こういうのを滋味というんでしょうか。


柔らかい光に包まれたインテリアと美味しいお食事。
煮詰まった時にふと立ち寄りたくなる、大切な癒しスポットになりそうです。
d0088006_21315336.jpg

d0088006_21321410.jpg

[PR]
by tomonekoB | 2007-03-22 22:28 |  - カフェ

CORB @後楽園 1日目

前々から前を通りかかって気になっていたカフェ、CORB
東京ドームから徒歩数分ながら、住宅街の中にひっそりと存在しています。

夜8時過ぎ、足を踏み入れてみると店内にはカフェ利用の男性お一人様がいるのみ。
入り口の目の前、白い棚にテイクアウト用商品がおいてあり、お茶やスパイス、ハーブ類と、パン類が置かれていたと思われる空のトレイが数枚。

パンとかケーキとか、炭水化物系をテイクアウトしたかったんですが
残っているのはオートミールのマフィンが1個とガトーショコラ風の
チョコケーキだけで、それ以外は売り切れちゃいましたとのこと。

む。なかなか人気の様子。
ということで、今あるマフィンとケーキを1個づつお買い上げ。

お会計を待っている間にも若者男子が現れ
マフィンもスコーンも売り切れの事態に肩を落として帰って行きました。
ごめんな、僕。タッチの差だったよ。


超シンプルな白い紙袋を大事に抱えて帰宅。
翌朝、それぞれを電子レンジで少〜しチンして朝食にいただきました。

オートミールのマフィン
d0088006_21222169.jpg

上部にはオートミールのツブツブたちが集まっていて噛みごたえあり。
下の方のカップの部分はツブツブ感はほとんどなくて、
しっとりほこほこ。少しモチっとした優しい食感。
マフィンはパサパサしたもの。と思い込んでいたのでこの食感は嬉しい。

チョコレートのケーキ
d0088006_15522497.jpg

あっさりとした甘さです。中がしっとりしていて美味しい〜。

高級ブーランジェリーのパンももちろん美味しいし大好きです。
が、CORBのパンは全く違った魅力。
すごく素朴なんですが、本当に安心して幸せな気分になれる美味しさでした。


このお店、all aboutでも紹介されてますね。

あまりにも気に入ったので、翌日も続けてご訪問することに。
⇒ CORB@後楽園 2日目
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-21 17:01 |  - パン



食べたものあれこれの   メモ。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ラ・フレスク」 イタリ..
from 遊・癒 life Ⅱ
村上開新堂(一番町)の「..
from 千代田グルメ遺産
タベルネッタ アグレスト..
from 資格ゲッターが行く!
たい焼き(浪花家@江戸川橋)
from 資格ゲッターが行く!
「汐留SIO-SITE ..
from じぶん日記
784174 Blog ..
from 784174 Blog Ve..
クラブハリエ
from クラブハリエ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧