食べメモ

カテゴリ: - 和食( 3 )

つきしま小町 @月島

もんじゃを食べたことが無いんです〜。と言ってみたところ
急遽もんじゃツアー企画が持ち上がりました。
ネット検索や口コミでの情報収集の結果、つきしま小町へ。
※今回は写真無しです。

駅からお店までの間にいくつものもんじゃ屋さんがありました。
月島といえばこれまでは焼き肉の凛とスペインクラブにしか
行った事が無かったんですがやっぱり月島はもんじゃの街ですね。
金曜日の夜だったためかどこも楽しげなお客さんで溢れていました。

小上がりの4人卓が2つ、普通の4人掛けテーブルが3〜4卓。
到着時点で満席。予約しておいて正解でした。

席に着く前に、椅子の下の収納スペースに荷物と上着をイン。
上着は東京都指定ゴミ袋と思われる大きな白いビニールの中に
全員分まとめて放り込みます。
そういう扱いをして良い格好で行きましょう。

具を炒めてしんなりさせて、土手を作って、生地液を3回に分けて流し込む
シンプルな工程ではありますが、今回の同行者はほぼ全員が初もんじゃ。
ということで1枚目はお店のお姉さんにお願いすることに。
さすがにプロです。ざざっと鮮やかな手つきであっという間に完成。

「ハイどうぞ」
「え、もう食べて良いんですか?」
みたいな、半生っぽい状態でOKのようです。
私はもう少し火が通って生地が膜みたいにテローンとなったあたりが好みでした。

いただいたのは
小町もんじゃ(海鮮)、ホルモンもんじゃ(味噌味)、めんたいもちチーズもんじゃ、
そばもんじゃ(ベビースター追加)、五目焼そば。
どれも美味しかったですがホルモンもんじゃが一番ツボでした。

これに生ビールや飲み物を各自4杯程度づつ飲んで、〆て12000円弱。
一人3000円。あらお手頃。

「もんじゃって意外に高いんだよ〜」という話を聞いていたので
ドキドキしていましたが、このお店は大丈夫でした。

最後にあんこ巻きが食べたかったんですが、同行者たちは既に
満腹状態で賛同を得られず断念。
でも他テーブルの女子たちが食べていたのがすんごく美味しそうだった!

うおー!食べてぇー!と思った時にはラストオーダーをとうに過ぎており断念。
あんこ巻きを食べるために再訪だな。

さてそろそろ帰ろうか。という頃に隣のテーブルでお店のお姉さんが
新たに1枚焼き始めました。
テイクアウトのお客でも?と思っていたら、ご自分用だったようで
まったりと食べ始めておられました。
そっか、夕食まだだったんですね。おつかれさまでした。

お店を出る頃には髪や服がすごい匂い〜。
香ばしいというか煙たいというか。
電車の中でも私たちの一団は明らかに異臭を放っていたと思います。
できればウォッシャブルな服装で行くことを推奨します。
男子はスーツに匂いが染み付いただろうな〜。
ファブリーズで取れるのかしら。





[PR] ブライダル
[PR]
by tomonekoB | 2007-04-29 13:48 |  - 和食

MASU MASU @神楽坂

神楽坂の通りを少し入った石畳の先にある一軒家。
なかなか雰囲気があります。

月曜日に予約の電話を入れるも、水曜日の予約枠は既に満員。
他のお店も探しきれず一回転する頃を狙って突撃することに。

お店に入るといかにもイマドキな若者たちがシャキシャキと応対。
カウンターの向こうで話ながらお料理を作る姿には、賛否ありそうですが
楽しげなのでまぁアリかと。

付きだし。うどんを揚げたものに山菜を和えてます。
山菜、ちょっと酸っぱめで美味です。でもうどんを揚げたのはビミョウ。
d0088006_1858336.jpg

チーズ豆腐の3種盛り。黒ごま、白和えの蜂蜜ソース、マグロ?
左の二つはクラコットに乗せて、マグロは海苔に巻いていただきます。
d0088006_18592280.jpg

トマトのサラダ。蓋と閉じたままの写真になってしまいましたが
菜の花とチーズを和えたサラダがトマトの中にイン。
これ、美味しかったです。
d0088006_18585313.jpg

釜たまご焼き。
明石焼っぽいお出汁の効いた香りとともに、本当にお釜ごと登場しました。
ビールで冷えた体にホッとする暖かさ。味も明石焼風。
d0088006_18594296.jpg

二種のアスパラの冷たいチーズフォンデュ。
チーズソースの味がちょっと薄くてよくわからず。
d0088006_2051045.jpg

里芋の唐揚げ。
奥に並んでる塩またはソースを付けていただきます。
ハイビスカスの塩、抹茶塩、胡椒塩、タルタルソース、あと一個は失念。
美味しかったですが、ハイビスカスの味はよく分からず。
芋はほっくりねっとり。
d0088006_18595695.jpg

黒いカレーうどん。
量が少ない訳ではなく、器がデカい。というか深い。
カレーの飛び跳ねブロック?
私たちも取り分ける時に器に助けられました。普通サイズの器だったら
お約束の「白い服を着るとカレーをこぼす」に見舞われるところでした。
d0088006_1949196.jpg


d0088006_19332458.jpgd0088006_19333525.jpg


お酒は焼酎や泡盛の数がまずまず。
満腹になり、気になるデザートに後ろ髪惹かれつつ断念。
ビール2杯、焼酎を数杯で合計8600円でした。

オーダー漏れや、お茶をお願いしても忘れ去られちゃう事態が
発生しましたが、指摘すると慌てて確認、即対応。リカバリーは迅速でマル。

23時前になってもまだまだご新規さんがご来店。
私がいる間も常に回転してたし、人気店のようです。

若干ざわざわしてましたが居心地は良かった。
女子同士、わいわい元気にお話をする時に良さそうです。

MASU MASU  お店HP
住所:東京都新宿区神楽坂4−3
電話:03-3513-5686

[PR]
by tomonekoB | 2007-04-01 20:26 |  - 和食

ふく竹 @築地

以前にテレビで森公美子さんが紹介しているのを見てそそられたお店、ふく竹

女子4名飲み会だったので最初は小洒落たお店を探してたんですが
どーっしても!無性に!モツが食べたくなって恐る恐るリクエストしたところ意外に全員快諾。

メンバー全員、職場も自宅も全然交通の便の良く無い場所だったにもかかわらず
あえて突撃してみました。

2時間の時間制限はあったものの、席は個室っぽく仕切られてるし
コース+飲み放題で一人4000円程度だったし、若いメンバーでの
会社飲み会には良いかも。サラリーマン濃度が高かった。

お料理はマグロの刺身や揚げ物は超普通。

肝心のモツ鍋は醤油味をセレクト。
野菜たっぷりの中にニンニクスライスをたっくさん入れて
グッツグツ煮込まれたところをいただきましたが、かーなーりー脂身感あり。
食べてる途中に「ヤバいかなー」と思いつつ、あんまり残す訳にいかないしーと
せっせと口に運んでいたら案の定、夜中に胃もたれで薬のお世話に。

ま、私の胃が油に弱いだけなので、学生さんや健啖家のお父さんたちには
何の問題も無いかもしれません。

最後はちゃんぽん麺でシメ。これは太い麺がスープに絡んで美味しかったです。

同行者は「前に行ったモツ鍋はここまで脂身は入ってなかった」と言っていたので
夜中に苦しまなくて済むモツ鍋もあるのでしょう。
次はそういうお店にチャレンジ〜。
[PR]
by tomonekoB | 2007-03-11 00:22 |  - 和食



食べたものあれこれの   メモ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ラ・フレスク」 イタリ..
from 遊・癒 life Ⅱ
村上開新堂(一番町)の「..
from 千代田グルメ遺産
タベルネッタ アグレスト..
from 資格ゲッターが行く!
たい焼き(浪花家@江戸川橋)
from 資格ゲッターが行く!
「汐留SIO-SITE ..
from じぶん日記
784174 Blog ..
from 784174 Blog Ve..
クラブハリエ
from クラブハリエ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧